ひぐらしカメラ 2

カナダのビクトリアに居住。写真、音楽、釣り、映画。

Shore of Fog

f:id:matsu2012:20200921042230j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

f:id:matsu2012:20200921042259j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

f:id:matsu2012:20200921042315j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

f:id:matsu2012:20200921042332j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

f:id:matsu2012:20200921042347j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

 

 

9月中旬を過ぎて、ビーチは霧に包まれる日が多くなりました。夏の間、安定した快晴が続いて居たのですが、これから霧や短時間の雨が増える雨期に入っていくことになります。夏が去っていくのは淋しい気もしますが、実は霧に包まれたビーチを歩くのがとても好きだったりします。晴れていればどうということのない被写体も、霧が幻想的なシーンに変えてくれることがあります。

 

そんな霧のビーチを歩いてると、海岸から10メートルほどのところに動く何やら突起が見えます。アザラシが頭を出しているのかと思い、近ずいてみると、それは若い男性の頭でした。ビクトリア周辺の海水温度は夏場でも、かなり低く普通の人は数分と入っていられません。彼は目を閉じて、瞑想しているようでした。寒くないの?と聞くとメチャクチャ、寒いとのこと。そりゃ、そうだ。それでも5分から10分冷たい海水に浸ると、そのあと、とても体が温まり、爽快な気分になるのだそう。あ、要するに冷水シャワーと同じなんだと理解。

 

家に帰ってからこのことを家人に話すと、この冷たい海水に浸るのは今、ビクトリアでは流行っていて、そのソーシャルグループもあるのだそう。真冬でも朝の7時過ぎに人々がビーチに集まり、この冷水訓練というか、修行というか、ま、やってるわけです。日本でいえば、滝行ですかね。西洋社会でのマインドフルネス瞑想がとてもブームで、普通の瞑想に飽き足らない人たちが、より過激な状況で瞑想したいのかも知れません。私はちょっと心臓発作が怖いのでやりたいとは思いませんけど。

 

 

 

 

 

 

 

East Sooke Regional Park

f:id:matsu2012:20200918011004j:plain

Sony RX100

 

f:id:matsu2012:20200918010843j:plain

Sony RX100

 

f:id:matsu2012:20200918011021j:plain

Sony RX100



もう先週の話になってしまうのですが、East Sooke Regional Parkへハイキングへ行ってきました。ここはビクトリアから車で45分ほどの海岸沿いのトレールで全長は50キロ以上あるようです。私たちは年に1、2回はここを訪れるのですけど、まあ、大体最短の1時間半くらいのコースを歩きます。ここの特徴は海岸の崖っぷちを歩くので、岩登り的な要素が多くて、なかなか手強いです。距離的には短くても、身体的には結構キツいですね。このコースの素晴らしいところは崖上から眺める海の景色。当然、天気が良いほうが、眺めが良いわけで、私たちは天気予報を見て快晴の時に出掛けるようにしてます。最も、ここは夏モードに入ると、連日、ほぼ快晴になるのですけど。もしビクトリアに来る機会があったら、是非、レンタカーなどを借りて訪れる価値はありますよ。このコースの詳しい情報が掲載されているハイキングサイトを貼っておきます。

 

hikeinvictoria.com

 

 

Today’s Music 123 | Pat Metheny

 

PMGが今年出したアルバム。ほとんどジャズっぽい雰囲気は無くなり、オーケストラでアメリカン•フォーキーな世界を描いてます。映画音楽的に聴く感じ。案外に好きでした。ま、違うテーストを聞きたければ、過去のアルバムが山ほど出てるので、そのあたりは選り取りみどりなわけでして。

 

 

 

Heron

f:id:matsu2012:20200915081907j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

f:id:matsu2012:20200915081924j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

早朝、干潮で浅瀬が広がるビーチを歩いていると大型の鷺がゆっくりと滑空して行きます。標準50mmのマニュアルで必死に追いかけて撮ったのですけど、2枚ほど使えそうなショットがあったので、セピア調のノスタルジックなトーンに仕上げてみました。使ってる機材の関係で、この手のアニマルフォトはほとんど撮らないのですけど、ま、たまたま、という感じですね。

 

 

 

 

Today’s Music 122 | Neo Soul Instrumental

 

Neo Soulの歌無しインスト集。夏が終わって秋の気配を感じるこの頃はこんな音が気分。この手のカラオケを聞きながら、ギターのアドリブ練習してます。下手くそなんだけど、ペンタトニック一発で行けるので楽しっす。

 

 

 

Spider Web

f:id:matsu2012:20200914043334j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

f:id:matsu2012:20200914043351j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

 

 

 

 

 

Today’s Music 121 | Gary Peacock

 

ゲイリー•ピーコックが亡くなったとか。長年、キース•ジャレットのトリオで活躍してきたベーシスト。骨太でいながらクリアな音質がとても好みでした。チャーリー•ヘイデンも数年前に無くなってますし、ベーシストのレジェンドたちが次々と姿を消してます。ロン•カーターは大丈夫かな。

 

 

 

 

Smoky

f:id:matsu2012:20200913021617j:plain

Olympus OM-D E-M10 II + Voigtlander Nokton 25mm 0.95

 

ここ数日、アメリカの北西部の山火事の煙がここバンクーバー島まで届いてまして、霧のような焦げ臭い煙が漂ってます。カルフォリニアあたりも大変らしくて、息子の話だとサンフランシスコの空は昼でもオレンジ色なのだとか。乾燥が激しく、ちょっとした雷などがトリガーになってすぐに山火事になってしまうらしいですね。バンクーバー島もまだ夏モードで相当に乾燥しているのですが、幸い注意報などは出ていない模様。北米西海岸は9月末頃から10月に掛けて雨季に入りますから、その雨が山火事を消してくれるはず。状況はかなり深刻らしいので、1日での早い雨が欲しいところ。

 

 

Today’s Music 120 | Char

 

 

 

 

 

Mamiya M645 #6

f:id:matsu2012:20200907223147j:plain

Mamiya M645 + Sekor C 80mm 2.8

 

f:id:matsu2012:20200907223208j:plain

Mamiya M645 + Sekor C 80mm 2.8

 

f:id:matsu2012:20200907223222j:plain

Mamiya M645 + Sekor C 80mm 2.8

 

f:id:matsu2012:20200907223239j:plain

Mamiya M645 + Sekor C 80mm 2.8

 

f:id:matsu2012:20200907223257j:plain

Mamiya M645 + Sekor C 80mm 2.8

 

f:id:matsu2012:20200907223315j:plain

Mamiya M645 + Sekor C 80mm 2.8

 

 

久しぶりのサンフランシスコに住む息子からの中判フィルム定期便が送られてきました。ビーチ周りの写真から発展させて、その周辺の風景も撮り始めたようで、なかなか面白い展開になってきてます。それでも一貫したイメージが貫かれているのは、やはり中判フィルムの独特な描写とミニマルな視点が土台にあるからでしょうね。親子だからなのか、彼と私の写真の視点は非常に近いと思います。最近、彼はフィルム用のコンパクトカメラを手に入れたとか。CONTAX T2というカメラで35mmの固定レンズが付いているのですが、このカメラの写りが良いのは有名な話。彼の話だと、マミヤはとんでも無く重く気軽に持ち運べないので、写りの良い小さなカメラを探していたのだとか。なかなか良い選択だと思いますけど、でもこの辺りに入ってしまうと、もう「フィルムのライカ」の道へ足を踏み入れそうな雰囲気。私の予想では、あと1年くらいかな。(笑)

 

 

 

 

Today’s Music 119 | in common 2